diaryⅡ

cestsur.exblog.jp ブログトップ

ハッピーバースデー

少し前、ラジオでたまたま耳にした本の紹介のコーナーで
この本を知って、昨日の夕方本屋に行った時は忘れていたんだけど
その本を目にした時「あぁ」と思い出し、手にとってパラパラとめくって見ました。

読み始めたらいきなり「おまえ、生まれてこなきゃ良かったな」と言う
言葉が目に飛び込んできて、読まずにはいられなくなってしまい、
子供たちが寝てから一気に読んで・・・ホントに途中でやめる事が
できませんでした。

どんな風に言葉で表現したらよいのかわからない、
今はまだ頭の中で噛み砕いている感じ・・・。

ただ涙が止まらなくて、今日の私は泣きはらしたまぶたと
寝不足の覇気の無い顔で、店にいるのが申し訳ないような状態です。

すごく消化不良な表現で何を言いたいのかわからないと思いますが・・。

でも、あまり感動すると言うことが感じられない小4の娘が数ページ読み
「お母さん、フウカね、この本に感動した」と言うのです。

泣けるドラマを見ても感動のシーンを見ても淡々としている娘がです。
そんな風に心を動かせる本だと思います。
機会があったら是非読んで見てください。
自分をしっかり見つめ直すきっかけになるかも知れません。
[PR]
by cestsur | 2005-06-06 17:58 | 日々の出来事
line

fu~*と一息。


by cestsur
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite