diaryⅡ

cestsur.exblog.jp ブログトップ

関東での地震

パタパタ・・・日記にトラックバックです。

関東で大きな地震がありましたね。
中越地域も震度3を記録したようですが、動いていたせいか
体には感じませんでした。

後でニュースで関東で震度5・・・と聞いたとき、昨年の記憶が
よみがえってしまいました。

時々地震の時の事を思い出したり、新聞記事で地震関連の記事を目にすると
今でも涙が出てしまいます。

中越地震がおきる前、大きな地震が起こったニュースを聞いた時
「自宅と職場が40分かかる距離にあって、もし子供達と離れているときに
地震が起こったら、どうしよう・・・」ととても不安に思っていました。
幸いあの日、早く帰らなくてはならなくて子供達と一緒にいられたので
それだけでもどんなに安心したことか・・・。


けがをされた方もいるとの事。
直下型地震が起こらないでいてくれる事を祈ります。




<中越地震 '04.11.2 >

まさか自分の身近にこんな事が起こるなんて思ってもみなかった。

23日の6時前に「みそ汁できたからおじいちゃんが帰って来たらご飯食べよう」と子供達と話しながら、居間でテレビを見ていた。
突然ガタガタガタと大きな揺れが来て3人で顔を見合わせる。その途端また大きな揺れが始まりフウカはパニック状態。コウスケは「お母さん、テーブルの下に入らなくていいの?!」の声に「おまえ達早く下に入りな」そう叫んでみたもののテーブルの横にあるサイドボードのガラスが割れて下に破片が飛び散っている。
いったんテーブルの下に入れたものの、ガラスが危ないので隣の部屋のものが落ちていない場所に移り、座布団で子供達の頭を隠し「大丈夫だから、もう一回来るから落ち着いて」と言っていると再び大きな揺れ。台所のガス台はガスがつきっぱなし。コウスケにフウカをしっかり抱いてもらい、ガスを消しに行く。
外で声がするので揺れがおさまった時に出て周りを見ると近所の人たちで声を掛け合い無事を確認。前のウチの家族と一緒にウチの裏の空き地に車を移動。

それからは毎日が凄く長かった・・・。
運良く、お義母さんが旅行で留守だったから寝たきりの大婆ちゃんはショートステイで施設に行っていて無事だったけど、もしも普通だったら私は小出にいて家には年寄りと子供だけ。
不幸中の幸いだった。

私は2日目から片づけを始め4日目から自宅の中で生活を始めました。余震は怖いけど子供の前で不安な顔を見せられないって言うのと、楽天的な性格なのか体調も崩さず来られた。
家族が揃っていたのと、前のウチの家族と一緒にいられたのが良かったのかな。

昨日地震以後始めて小出に行ってみた。
いつもの道は川口で通行止めのため、十日町に向かい、そこから堀之内に向かって小出へ
良く通るその道も一変。ヒビが入り、ゆがんでいて気分が悪くなる。2時間かけて到着。
この状態が続く様ならしばらく通えないと思ったけど、今日の午後から和南津トンネルが片側交互通行できる様なので、明日は小出に行けるかな。

いまだ避難所生活をしているみんなが一日も早く落ち着いた生活ができる様になることを心から祈りマス。


<仕事再開 '04.11.6>

昨日初めて17号線を通って小出に来た。
川口、和南津は復興にはどの位かかるんだろう・・・
倒壊した家屋や下敷きになっている車を見るとあらためて地震がいかに大きなモノだったかを思い知らされる。

私の自宅周辺は被害も少なく生活も落ち着きを取り戻してきたので一日ボランティアに行って来た。昼間避難している年配の方と子供たちの「心のケアのお手伝いをして下さい」と言われて、ちょっとした体操をしたり、お話をしてきたけど、年配の方はみんな謙虚で「こんなに良くしてもらってありがたい」とか「来てくれてありがとね」と言ってくれる。
みんな暖かく迎えてくれてなんか反対に気を使わせてしまったんじゃないかと、本当に必要なのは何ナノかなと考えさせられてしまった。

でも考えていても起こってしまったことは仕方がない。
少しでも早く日常を取り戻すべく気分をリフレッシュして、元気を出して欲しい。私自身も元気を取り戻すためにも、とにかく動こう。


<感謝・感謝 '04.11.08 >
今日から、通常通り仕事を始めた。
ボランティアに行ったとき、保有している資格等の欄に○をつけられる必要とされている公的資格が無くて「あたしの持ってるエステの資格は役に立たないのかなぁ・・・」とショックを受けた。
でも、まだエステなんて気分にならなくて、連絡しても「まだちょっと・・・」って言われるかなぁと心配したけど先週末に「来週からエステを始めます」とメールを送ったら「待ってたよ~」と言って貰えてホントに嬉しかった。
私にできること、喜んで貰える事があってそれができるって普通の事なんだけど、その普通の事ができない日々があったからこそ、ホントに感謝、感謝。
明日は何が起こるかわからないから、今できることを一つづつでも大事にして行かなきゃ。
[PR]
by cestsur | 2005-07-24 20:35 | 日々の出来事
line

fu~*と一息。


by cestsur
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite