diaryⅡ

cestsur.exblog.jp ブログトップ

回想

c0000134_1934321.jpgお葬式が終わってネットはつないでいたのですが、なかなか、書き込みをしたい気分になることが出来ないでいるうちに一週間もたってしまいました。

嫁ぎ先の祖母は持病が無かったため
4ヶ月前から体調を崩していましたが
病院に入れてもらうことが出来ず
老人介護施設で鼻にチューブをいれ
そこから流動食を摂り、酸素吸入しながら
寝たきりでいました。
話しかけても返答もなく、絡んでいるたんに
苦しんでいるようでした。

そんな状態のおばあちゃんを見ているのは、
家族にとって切なくて仕方ありませんでした。
だから、亡くなってしまったのは悲しいですが、
おばあちゃんも楽になれたのかなぁと思っていようねとみんなで話をしています。

子供達にとっては初めてのお葬式。もちろんお骨拾いもそうです。
今、亡くなった人が生き返ると思っている子供が多くなったいるそうですが
お骨になったおばあちゃんを見たうちの子供達もとまどっていたようです。

「死んでしまったらゲームみたいにリセット出来ない。だから命は大切にしないとね」と
命の大切さを感じることをおばあちゃんが子供達に残してくれたと思っています。


嫁いだばっかりの頃、何をしたのか覚えていませんが、私が何かおばあちゃんにほめられた事がありました。その時ニコニコしながら私に言った言葉は「さすが、○○(主人の名前)が選んだ嫁だ!」です。^^;
私がほめられたはずなのに、自分の孫をほめるお茶目な所があって
いっぱいかわいがってもらいました。
ありがとね。ばあちゃん!
御年96歳。大往生です。見習って元気で良い年を重ねられる様に
元気出して行かないとね!
[PR]
by cestsur | 2005-10-16 19:03 | 日々の出来事
line

fu~*と一息。


by cestsur
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite