diaryⅡ

cestsur.exblog.jp ブログトップ

片貝まつり

昨日は待ちに待った花火打ち上げの日でした。

まずは長男のこと。
今年から「しゃぎり」と言う屋台のお囃子に参加したのですが、
朝の9時に家を出て帰りは23時過ぎ。
お祭りとは言え尋常では無いですよね。それも2日間。

しかも、その報酬は無しに等しいのにも驚きでした。
でも横笛を始めて音が出るようになり、ドンドン上手くなり楽しくなる。
初日、初めて参加して「こんなはずでは無かった」と思ったはず
それでも翌朝には8時にすっ飛んで行く。
大変だったけど、楽しかったんでしょう。
それでもこうやって伝統を受け継いで行くんだなぁと感動です。

そして私のこと。
一昨年から会費の納入が始まり事務所開きは昨年11月
約2年をかけて準備を進め、一瞬の花火に
それぞれが思いを込めて打ち上げを見守ります。

嫁いでから仲間に入れてもらった私は今回で
3回目の参加にも関わらず、居心地の良さに甘えて
すっかり事務所に通ってみんなと準備を進めることが
一日の疲れを癒してくれる楽しみになっていました。
実際はアクシデント続出で残り1ヶ月あたりから帰りも
10時、11時と言うこともざらでした。

この祭りでは本当に様々な事が重なって私にとっては
忘れる事のできないモノになりました。

健康であることのありがたさ
仲間を気遣う人の温かさ
仲間で作りあげていくそのパワー

こうして書いている間も、実は涙が止まらないんです。

仲間に入れてもらったことに本当に感謝デス。
今度は8年後。
また、一人も欠けること無くお祭りを迎えられる様に
心から祈ります。

しばらくは燃え尽き症候群に陥るかも知れませんね・・・。
でも、もう少し余韻に浸っていたいと思います。
[PR]
by cestsur | 2006-09-11 21:02 | 日々の出来事
line

fu~*と一息。


by cestsur
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite