diaryⅡ

cestsur.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

大地の芸術祭・・・その後・・・part2

晴天の23日に今度は「風のスクリーン」を目指し
松之山へ行ってきました。
秋の気配たっぷりの風景をお楽しみ下さい。

no.1
秋の使者
c0000134_1621265.jpg


no.2
滑ったらおしりが熱い!
c0000134_1632418.jpg


no.3
夜は怖い
c0000134_1634335.jpg


no.4
モデル発見
c0000134_1641965.jpg


no.5
娘が「あっ!このお話知ってる!教科書に載ってるよ」
c0000134_16442045.jpg


no.6
青空に映える赤とんぼ
c0000134_16444556.jpg


no.7
ちゃんと役にたってました。
c0000134_164583.jpg


no.8
この看板には
c0000134_16455021.jpg


no.9
こんなかわいい写真たちが張ってありました。
c0000134_16462094.jpg

c0000134_16583285.jpg


no.10
松之山の棚田です。稲が輝いて見えますね。で、その横には
c0000134_16463346.jpg


no.11
こんな看板が・・・・。
c0000134_16465559.jpg


途中までは「風のスクリーン」の看板(手書き!)があったのですが
結局入り口を発見できず、行き着く事はできませんでした(ToT)

それでも天気も良く、気分爽快のドライブを満喫したので
良しとしましょう(*^^)v
[PR]
by cestsur | 2006-09-26 16:02 | Photo

大地の芸術祭・・・その後

今日は久しぶりに午前中の予約が無し。
これはきっと毎日、忙しく働いた私へのご褒美の日!

何をしようと、頭をめぐらせ
「そうだ、十日町へ行こう!
祭りと重なって行けなかった願入の”みしゃぐち”と
三ツ山分校ならグルンと廻ってもお昼には店に着ける」

そう思い立って、行きたかった2ヶ所を目指しました。

まずはNHKでも紹介されていた「みしゃぐち」を目指します。

所が期間が終わっているため、目印の黄色い看板が無く
山道に入り込み行き止まりで引き返すこと2回。(ToT)/

狭い道でのUターンはちょっとドキドキでした。

で、めげずに進んで・・・上っていくと黄色い看板が!
屋根も見える。

早速、車を止めて行きます。

入り口です。
一人で入るのちょっと怖い気が・・・
c0000134_17124829.jpg



目に飛び込んできたのはシンボルとなる木です。
早速ベストショットの取れる場所へ移動。

c0000134_1713099.jpg


c0000134_17131839.jpg


この木を囲むように土で作られた3mもの高さのトンネルが作られています。
腰かけに座っていると中はひんやりとして、静寂の中に鳥や虫たちの気配を感じて
なんとも言えない懐かしさを感じます。

そうそう、土の香りってこうだよな・・

きっと期間の最中は沢山の人でにぎわっていて
この感覚は味わえなかったんじゃないかと思うと
ちょっと得した気分(単純(^^ゞ)

c0000134_17132814.jpg


c0000134_17133876.jpg


あまりの静けさに怖くなって(小心者)次に廃校になった旧三ツ山分校に。
そこは植物と樹脂の「カセットプラント」
まだ、残っているといいなぁ・・。とかすかな期待を胸にいざ出発。

その途中、見つけてしまいました。
ん?あれは!!

c0000134_17274127.jpg


陸に上がった「スパイラルワーク」・・・・・エリンギにしか見えません・・・・・。

木を取り直して、ズンズン進み目印の「かまぼこフェイス」をさがします。
あった!フフフ・・・。







c0000134_1731656.jpg


楽しい~。思わず笑みがあふれます。
対向車の人からはあやしく思われたかも。

更に進みありました。旧三ツ山分校。

でも、残念ながらやはり展示は終了していました。
諦めきれず、窓からのぞいて見ると展示品の名残がありました。

c0000134_17341533.jpg


これは近辺に自生する植物をカセットに入れ組み合わせて5つの柱を作り
カセットに入れた樹脂が発光し光の森めぐりが出来たんだそうです。

やっぱり、期間中に来たかったな(T_T)/~~~

そして
c0000134_17395957.jpg

分校のグラウンド。
かつてはココで子供たちが遊んだり体育したりしたんだろうなぁ・・。

全部は見ることが出来なかったけど来て良かった。
私の中の芸術祭は続行中。
また、今日みたいな日に出かけてみよう。

ちなみに本日の自宅~店の走行距離は約160kmでした。スゴ

長文、お付き合いいただき、ありがとうございました
[PR]
by cestsur | 2006-09-21 17:47 | Photo

大地の芸術祭

祭りの準備が忙しくなった頃からはまってしまった大地の芸術祭・・・。

感想は一言「もっと早く行き始めれば良かった・・・(>_<)」

はじめはお盆に出かけるところも無く単なる暇つぶしだったけど
行って見たらすっかり虜に。
祭り準備で忙しかった3日にどうしても我慢できなくて行って来ました。

スパイラルワーク
c0000134_11251829.jpg

陶器やガラスで作られた「花」なんだそうです。
実際見たときは幻想的でステキだったのに、
家に戻って長男に「何?これ、エリンギ?」といわれたら
そうとしか見えなくなってしまいました・・・・。

たくさんの失われた窓のために
c0000134_11253226.jpg

これは言葉でうまく言い表せないのですが
この窓からの風景を見るための台に上って窓から見える風景を見た途端
グッとこみ上げるものがありました。
新潟ってホント良い所だよなって、この風景は大切にして行きたいですよね。

ブランコはブランコでなく
c0000134_11254351.jpg

竹で作られた14コものブランコ。
一日中私に付き合ってくれた娘のどうしてもブランコ探して乗りたいと言う
要望に応えて全部制覇は無理でしたがいくつか乗ってきました。
でも、こんな所にあったら作業の邪魔ですよね・・・。(^^ゞ

カクラ・クルクル・アット・ツマリ
c0000134_11255591.jpg
c0000134_1126641.jpg

インドネシアの音の出る風車が田んぼに点在
風が吹いてくると「ポンカン・ポンカン・・・カラカラカラ・・・ポン・ポン・・・」と
竹の様々な音が心地よく聞こえてきます。
静寂の中で吹き抜ける風に応える風車の合奏が
一瞬時間を忘れさせてくれるようでした。
出来ることなら我が家にも欲しいです・・・。

他にもいくつか廻って来たのですが私の行けた範囲内のBEST3は

1位  こころのはな
2位  カクラ・クルクル・アット・ツマリ
3位  たくさんの失われた窓のために

見たかったのに見れなかった作品も沢山あるので
期間は終わってしまいましたが、常設されるモノもいくつかあるようなので
時間をかけて訪れてみるつもりです。


c0000134_1225288.jpg

                        こころのはな
[PR]
by cestsur | 2006-09-14 12:11 | Photo

片貝まつり

昨日は待ちに待った花火打ち上げの日でした。

まずは長男のこと。
今年から「しゃぎり」と言う屋台のお囃子に参加したのですが、
朝の9時に家を出て帰りは23時過ぎ。
お祭りとは言え尋常では無いですよね。それも2日間。

しかも、その報酬は無しに等しいのにも驚きでした。
でも横笛を始めて音が出るようになり、ドンドン上手くなり楽しくなる。
初日、初めて参加して「こんなはずでは無かった」と思ったはず
それでも翌朝には8時にすっ飛んで行く。
大変だったけど、楽しかったんでしょう。
それでもこうやって伝統を受け継いで行くんだなぁと感動です。

そして私のこと。
一昨年から会費の納入が始まり事務所開きは昨年11月
約2年をかけて準備を進め、一瞬の花火に
それぞれが思いを込めて打ち上げを見守ります。

嫁いでから仲間に入れてもらった私は今回で
3回目の参加にも関わらず、居心地の良さに甘えて
すっかり事務所に通ってみんなと準備を進めることが
一日の疲れを癒してくれる楽しみになっていました。
実際はアクシデント続出で残り1ヶ月あたりから帰りも
10時、11時と言うこともざらでした。

この祭りでは本当に様々な事が重なって私にとっては
忘れる事のできないモノになりました。

健康であることのありがたさ
仲間を気遣う人の温かさ
仲間で作りあげていくそのパワー

こうして書いている間も、実は涙が止まらないんです。

仲間に入れてもらったことに本当に感謝デス。
今度は8年後。
また、一人も欠けること無くお祭りを迎えられる様に
心から祈ります。

しばらくは燃え尽き症候群に陥るかも知れませんね・・・。
でも、もう少し余韻に浸っていたいと思います。
[PR]
by cestsur | 2006-09-11 21:02 | 日々の出来事

今日から

いよいよ、祭りが始まりました。
色々準備が大変でしたが、それがあって
更に楽しめると思ってます。

楽しんで来ま~す。
[PR]
by cestsur | 2006-09-08 23:54 | 日々の出来事

失われた日本

今週某TV局で放送されてましたね。
何気に目にすることがあってみていたら
その日は年老いた女性が行商をしている所でした。

「そういえば、私が子供の頃、どこかのおばあちゃんが
作って売りに持ってくる豆モチがおいしかったな~」

なぁんて、それを見ていたら何だか懐かしい気持ちに・・。

今みたいにスーパーも無かったし、お店にも売っていなくて
そのお祖母ちゃんが来てくれないと食べられないご馳走。

塩加減が抜群でおいしかった~。
もう同じ気持ちでは食べられないだろうなぁ。

『そういえば昔、父親に食べに連れて行ってもらった「ところてん」
おいしかったんだよな~』
なんて、そんな話をお客様としていた所、
その方の近しい方が作っていたのだそうで・・・。

なんとも世の中は繋がっているのだなぁ・・・。

ボールを持って買いに行った豆腐
イベントだったやな場での鮎の掴み取りと塩焼き

あれ?食べ物ばっかり(^^ゞ

ちょっと・・・かなりタイムスリップしちゃいました。

そして、昨日のNHKでの「アートトリエンナーレ」を支える
高齢者はじめ地元の方々の話と古民家再生プロジェクト。
明日、多分ラストになるかな。
行ってきます~。
[PR]
by cestsur | 2006-09-02 10:00 | 日々の出来事
line

fu~*と一息。


by cestsur
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite